ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひぐらしのなく頃に 綿流し編終了

もうええわーー!!!(泣)


流し編終了~~~。
バッドエンドになることは予想してましたけどね、魅音があそこまで狂うのは完全に予想外じゃああああ!!!雪野五月さんの演技が楽しみだw

最初らへんは詩音は架空の人物で魅音とラヴコメみたいになって「なんか良い感じだけど、これって『ひぐらし』だからなあ(汗)」と思っていました。
散々煽っといてオモチャ屋で詩音と魅音が出くわしたときには爆笑w
…でも、最後までやった後じゃ笑えねえよ(汗) 狂った原因が人形を渡さなかったことなんて言われちゃあさ。(でも、本当にそれが原因だろうか?口実として使ったんじゃ…。)
魅音はずっと無実だと信じていたんですが、やっぱそうはいかないんですかね。
でも、魅音と詩音が入れ替わっていた可能性がある。狂っていたのは詩音で拘束されていたのは魅音かも。

…え~っとですね、僕は魅音と詩音の両方が無実で良いやつで、圭一を殺そうとなんてしていないと信じていたんですよ。前回のレナと魅音のように。圭一は狂っている感じはしないし、今度こそどちらかが殺そうとしたのでしょうか?鬱だ…orz
甘いやつだと笑いたきゃ笑いなぁ!

一番のお気に入りのシーンは、「くけけけけ」のシーンw
このシーンになったときには怖いというより笑いましたw
鬼隠し編のレナのように、何を考えているか分からずに不気味な感じだと怖いのですが、ここまではっちゃけていると逆転裁判で追い詰められた犯人のように見えます。そんなのに恐怖は感じない。
あれは喜劇だ!ww
CLANNADの春原を思い出してしまってますます喜劇度アップw
くけけの後に出てきた目も「雛見沢村 村興し実行委員会」で何度も見たので恐怖感はなし。
ところで、電話の相手って、誰ですかね?

①詩音のふりをした魅音

②詩音のふりをした魅音のふりをした詩音

③蝶ネクタイ型変声機を使う少年探偵

予想では2番。

気になることはいろいろありますが、一番気になるのは、お疲れさま会でも触れられなかった梨花が注射器を持っていたこと。…なんで?

さて、次は祟り殺し編ですね。今までの流れからいくと、今度は沙都子や梨花に恐怖しなきゃいけないんですかね?ガクガクブルブル
祟り殺し編はマンガ版をGファンタジーで毎月読んでいます。まだ綿流し祭まではいっていませんが、今月号ではどうかな?(今月号はまだ読んでいない。)
ちょっと祟り殺し編をプレイしてみたんですが、マンガ版ではだいぶ追加シーンがあるみたいですね。原作がマンガ版の第2話から始まるし。もしくは、イベントをシャッフルしている?
祟り殺し編がどんな内容か楽しみです。…どーせ、圭一が死んで終わるんでしょ(泣)orz
スポンサーサイト
  1. 2005/08/21(日) 01:36:45|
  2. ひぐらしのなく頃に|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/96-aad15ab4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。