ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うみねこのなく頃に 密室と謎と魔女と

うみねこのEP1が体験版として配布されています。こちら


公式サイト製作日記[465]で密室について書かれています。

>“密室殺人”って、すごく禅問答的な言葉だと思うんですよね。
>密室であるように“偽装”したものは「密室幻想」なわけだし、密室定義から漏れた要素で殺害しても、これもまた「密室幻想」なわけだし。(例えば、扉の隙間から釣り糸で、というのがこれですね。扉の遮断が、人間の出入りを遮断しても釣り糸の出入りは遮断しないという“定義漏れ”によるもの。つまり外部干渉の可能=密室ではない)

>つまり、本当の「密室殺人」とは、純然たる缶詰状態で、真の意味で外部から一切干渉不能でなくてはならないわけです。

>つまり、真の意味での「密室殺人」を考えれば考えるほど、……それって一体どういうものなんだ? と悩みます。



「ネウロ」4巻では心理的な密室トリックがありましたね。被害者が自分で鍵をかけるように誘導するやつ。部屋の中は毒ガスが充満してて、でも部屋から出てこようとしないから自殺だと周りの人間が判断する。
最近では脱出不可能な密室と思わせておいて、実は普通に脱出できたってのもありましたね。


以下、うみねこにおける魔女や魔法についての考察。ネタバレあり。


推理は可能か不可能かと言いつつ、EP2では魔女や魔法が出まくってたわけですが、多分これはイメージか何かじゃないかな。

例えば、最近のネウロでは、人間達が毒の霧を吸って身動きがとれなくなるというシーンがあるのですが、そのシーンは巨大な手に押し潰され、霧がキシャシャシャシャと笑っている描写になっています。




しかし、実際は巨大な手なんてありませんし、霧に意志はありません。毒の霧を吸って身動きがとれなくなっているだけです。あくまでイメージです。

うみねこの魔女や魔法もこれと同じではないでしょうか。
ベアトも魔法も使い魔も山羊もカノンブレードも、「魔女が犯人のような状況」のイメージなのでは。
実際は人間がトリックを使ってるよ!な展開になるような気がします。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/05(土) 02:08:24|
  2. その他感想・考察|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/837-31012293
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。