ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CLANNAD 第11話「放課後の狂想曲」 超簡易感想



↑今回の内容を画像で表すとこうなる。


神回。自分的に評価の高いここ最近の銀魂のアニメに匹敵する面白さ。(83話とか、84話とか)

・冒頭のことみを観る朋也の目が殺意の目
・吉本新喜劇
・カレイドルビー
・やっぱりスネェェェェェク!
・忘れがちだけど裸足の少女
・意外なところで春の情景を活かした描写
ゲームの世界では、主人公が見るのは「予知夢」ばかりです。これによって今後の展開について重大な情報を教えてくれます。意味のない夢を見ることは決してありません。
しかし現実では、たいていの夢は、意味の分からないものばかりです。覚えておいてください。

(「心理研究家ゆうきゆうのスーパーリアルRPG―マンガで分かる理想と現実の115の違い」p223より)
・死んでいく仲間たち
・(ネタバレ反転→)杏の台詞から「椋が朋也に惚れている」ということが分かるんだけど、椋自身からはそれっぽい台詞が出てこない。もし僕が原作未プレイだったら「椋が朋也に惚れているというのはミスリード」と思っていたに違いない。っていうか本当にミスリードじゃない?
・ワタリ
・次回予告が珍しく(?)まとも
スポンサーサイト
  1. 2007/12/14(金) 12:08:40|
  2. CLANNAD|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/767-dbfade06

(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」

CLANNAD 2 (初回限定版) ヴァイオリンを片時も放そうとしないことみ。しかし、彼女の奏でる殺人的な音色に朋也達は苦しめられていた。そんな中、杏はことみのためにヴァイオリンの発表会を開くことを提案する・・・。
  1. 2007/12/14(金) 18:43:56 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。