ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

斧事件とひぐらし



祝・レナが主役に昇格!




まあ、この作品は最終的には殺人を否定し、作者の竜騎士07氏が製作日記[425]で言われているように、

ひとりで悩みこんで殺人しかないと考え至るのは、惨劇(バッドエンド)の近道である。
ひとりで悩んだら、身近な人(友人・家族)に相談しよう!

という、なんか有害と認定されるには程遠いような内容なのですが、影響を受けた人間がそれを理解していなかったらなんの意味もないよね。
理解していたとしても、

「この作品はとても良いことを言ってるなぁ。それはそれとして斧や鉈で人の頭をかち割る行為は是非とも真似したいぜ!」

と思う人もいるかもしれない。
この作品が「主人公が斧で敵を殺す」作品であっても、「誰にも相談せず、短絡的思考で殺人という行為に走る人間を否定する」作品であっても、読み手に悪影響を受けるようなシーンが存在するという点では変わりないよね。


それと、放送が休止される理由は

「視聴者に悪影響が出て、この事件の犯人もこの作品の影響を受けた可能性があるから、また同じような事件が起きるかもしれない」

という理由だけでなく、

事件の関係者等がこの作品を観て事件を思い出してしまうから

という理由もあります。大地震が起きたときに地震の内容のアニメを休止することがありますからね。

ひぐらし解のアニメでは斧や鉈で人を殺すシーンはない(はず)ですが、

ひぐらし→レナ→鉈女→斧女

と連想されるかもしれない。


以上の理由で、僕はひぐらし解のアニメ、それとスクデイの最終回が休止されたのは正しい判断なのではないかと思います。1週間くらいなら休止しても全然OKだと思う。
ただ、休止するのはアニメだけでなく、ドラマ等でも事件を思い出してしまいそうな作品は休止してほしいです。「アニメだけ」というのはおかしいですから。


多分続く。
次の内容は「ひぐらしは倫理的な作品なのか」について。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/28(金) 15:38:12|
  2. ひぐらしのなく頃に|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/720-b4553de8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。