ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うみねこのなく頃に 公式サイトオープン

公式サイト

…主人公は誰?

以下、ひぐらしネタバレ含みます。


【作品紹介】

前作、「ひぐらしのく頃に」は、「ミステリーじゃない」という批判をされました。しかし、僕が記憶している限りでは、作者がひぐらしをミステリーと呼んだことは一度もありません。
少なくとも、ひぐらしの作品紹介でミステリーという単語は一度たりとも出てきません。「連続殺人ノベル」と言っているだけです。読み手がひぐらしをミステリーと呼んでいることはありましたが。
で、うみねこはというと…。

>どうか、古き良き時代の孤島洋館ミステリーサスペンスのガジェットを\r

>本作品は、ジャンル的には連続殺人ミステリーになるかもしれません。

>こんなのミステリーじゃなくてファンタジー!


と、「ミステリー」という単語が3回も出てきます。
そして、

>『うみねこのなく頃に』の推理は、可能か不可能か。

という文章がありますが、推理不能であればミステリーとは呼べないと思うので、この文章を言い換えると、

『うみねこのく頃に』はミステリーか否か。

となると思います。


前作、ひぐらしでは、謎の真相に普通の推理物にあるような「人間とトリック」だけではなく、SF(のような)要素や、オカルト・ファンタジーな要素がありました。(ひぐらしの謎の真相は全てオカルト・ファンタジーと言っている人がいましたが、それは大嘘です)

ひぐらしの作品紹介で、この作品はオカルト要素がないとは言っていません。
そして、「陰謀か。偶然か。それとも祟りか。」というキャッチフレーズがありました。
さらに、お疲れさま会では、ひぐらしのキャラが人間派と祟り派に分かれて推理しています。祟りを否定していません。

恐らく、作者は読み手が人間派と祟り派に分かれて推理したり議論したりしてほしかったのだと思われます。
実際、読み手の推理も、人間派の人もいれば祟り派の人もいました。

しかし、罪滅し編以降、オカルトはないと思っていた人間派の人達から批判されるようになりました。
祟り派の人がいることを踏まえて批判する人も中にはいましたが、お疲れさま会で人間派と祟り派に分かれて推理していたことや、実際に祟り派がいることを無視して批判する人も少なくありませんでした。
(「オカルトがあるのは真面目に推理していた人に対して失礼」という意見がありましたが、これは祟り派の人に失礼だと思う)



このように批判されていたことから、僕はうみねこでは人間説と祟り(オカルト)説、両方で推理することをひぐらし以上に強調して読み手に求めるのではないかと思っていました。
ですが、実際は違いました。

>皆さんは、どんな不思議な出来事が起こっても、全て“人間とトリック”で説明し、
>一切の神秘を否定する、最悪な人間至上主義者共です。

>どうぞ、六軒島で起こる不可解な事件の数々を、存分に“人間とトリック”で説明してください。

>皆さんが、どこまで人間至上主義を貫けるのか、それを試したいのです。

>犯人は魔女。アリバイもトリックも全ては魔法。

>こんなのミステリーじゃなくてファンタジー!

>あなたが悔し涙をぼろぼろ零しながら、そう言って降参するところが見たいのです。

>私が期待するのは、正解に至る推理が現れることじゃない。

>一体何人が最後まで、魔女の存在を否定して、“犯人人間説”を維持できるのか。


ひぐらしとは違い、作者は読み手に人間説のみを求めています。
祟り(オカルト)派になることを求めてはいない、いや、祟り派になった時点で”負け”なのです。
これは、ひぐらしとは完全に真逆。作者はひぐらしの推理を批判していた人達のような読み方をしろと言っているのです。大災害のようなどう考えても“人間とトリック”で説明がつかないような事も“人間とトリック”で説明しろと言っているのです。(多分)

このように煽るからには、オカルトネタはループ以外では使ってはいけないのではないかと思います。(ループは仕方ない)
もし本当に犯人は魔女で、アリバイもトリックも全ては魔法だったのならば、ひぐらし以上に批判を喰らうと思います。恐らく、1割が魔法だったとしても。

個人的希望としては、目明し編のように、祟りのようで実は普通に人間が犯人だった、という展開が望ましいですが、さて、どうなるでしょうか。


【キャラ紹介】

譲治は2代目時報確定。

ひぐらしの時と比べると絵が上手くなっているという印象。手はグローブですけど。
なんでそう思ったのか気になってひぐらしのキャラ紹介を観たのですが、主に目の書き方が変わってます。レナ等の目は真ん丸(ちょっと縦長)なのに対し、うみねこのキャラは普通の目といった感じ。
この絵なら、もしアニメ化した時、グローブの手と色の塗り方を修正すればこの絵でも十分いけると思う。
ひぐらしの絵は正直言ってあまり好きではなかったのですが、この絵は好きかも。


キャラの説明はまだ全部読んでいないのですが、名前は全て確認しました。逆転裁判並みにぶっ飛んでます。
朱志香(じぇしか)、紗音(しゃのん)、留弗夫(るどるふ)、戦人(ばとら)、楼座(ろーざ)、真里亞(まりあ)、嘉音(かのん)……あんたらどこの国の人ですか。
逆に普通の名前の人が気になってしまう。

…で、主人公は誰?


続き
スポンサーサイト
  1. 2007/06/19(火) 22:45:34|
  2. その他感想・考察|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/671-9e8847c4

『うみねこのなく頃に』公式ページオープン しかしこれは……

同人界から様々なメディアに進出していろんな意味で話題になり、とりあえず原作は幕を閉じた『ひぐらしのなく頃に』。その生みの親である竜騎士07さん代表のチーム「07th Storming Party」が「07th Expansion」と改名し、
  1. 2007/06/20(水) 00:15:38 |
  2. 万聞は一見に足るやも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。