ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

逆転裁判4 クリア感想(ネタバレなし)

逆転裁判4(通常版)
逆転裁判4(通常版)

最後までクリアー!

以下、全体的な感想を。
ネタバレはないですが、読みたくない人がいるかもしれませんので、読みたい人は反転してください。


今回の逆転裁判4は、逆転裁判シリーズの中でも異色作だと思う。
今までと比べると、やや現実的。リアルからは程遠いぶっ飛んだキャラ、トリック、展開、ノリと言った感じではない。
…いや、これはこれで十分リアルからはかけ離れているわけですが、今までと比べると現実的。

分かる人だけ分かる言い方をすると、今までの逆転裁判がFate編UBW編だとすると、今回はHF編
(Fate-stay night[Realta Nua] 4/19発売!←宣伝)



今までの逆転裁判と言えば、誰がどう見ても被告人が犯人としか思えない状況で、法廷の序盤から状況は最悪。
矛盾を示し「よし!逆転した!」と思ったら、検事がニヤリと笑ってクールに逆転、弁護人が絶叫。
さらに矛盾を示し、証拠をつきつけ、検事や証人が絶叫。
何度も逆転しては逆転され、やっとの思いで勝ったと思ったら検事が一気に逆転させ、弁護側は絶体絶命大ピンチ。
そんなギリギリでどう考えても負けそうな状況で再び逆転。勝利する。

このようにギリギリな状況で何度も逆転し、プレイヤーはハラハラドキドキ、とにかく燃える。それが今までの逆転裁判でした。

しかし、今回は違います。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、いろいろな条件が揃って上記のように燃える内容ではなくなっているという印象を受けました。
それでも全く燃えないというわけではないですけどね。

全体的な物語も、序盤の伏線が後半で一気の収束するという面白さはありますが、”燃え”に関して言うと、逆転裁判3ほどに燃える展開でも盛り上がる展開でもありませんでした。


…じゃあ、今回はタクシューが単にシナリオを上手く描けなくて、単純に逆転裁判シリーズとしては出来の悪い作品か?と訊かれれば、僕はNO!と言いたい。


↑で「異色作」「HF編」と書いたように、今回は作品の方向性が今までとは全く異なると思う。
恐らく、タクシューはオドロキシリーズで逆転裁判のイメージを変えるような内容を描こうとしているのではないかと思う。逆転裁判5が製作されると仮定しての話ですが。
これからプレイする人は、今までの逆転裁判のイメージを一度真っ白にした方が良いと思う。



反転終了。
深く考察していけばかなり面白いような気がする。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/17(火) 02:09:14|
  2. その他感想・考察|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/643-b05dd9da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。