ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひぐらしのなく頃に 祭囃し編感想

今回の感想は超主観的なので、作品の評価とは結びつかないよー。
いや、超主観的なのはいつものことですが。

感想の前に1つ。
MULTI-MANIAX」の2006/8/16の日記。
あのネタ、DATEさんのだったんかい!w ちょっぴりDATEさんっぽいギャグだなぁとは思ったけどさ。


以下、ネタバレ。


今回の話、まだきちんと確認・検証したわけではありませんが、一見ご都合主義が大量にあるように見えて、実はほとんどないのではないでしょうか。
赤坂が梨花を助けたシーンも、梨花は奇跡を言っているけど赤坂が園崎家に向かっていたんだから助ける結果になるのは当然で、梨花が勝手にものすごいことであるかのように言っているだけなのではないか。
お魎が連続怪死事件をあたかも自分が黒幕であるかのようにみせたように、今回の話は特にすごいことでもないことをあたかも奇跡・ご都合主義であるかのようにみせているだけではないでしょうか。
いや、きちんと検証しなければ分からないんですけどね。


全体的な感想を言うと、面白かった……んですけど、なぜか今回は後半のノリについていけない部分がところどころありました。
鬼隠し編の前半も罪滅し編の終盤も皆殺し編の前半のノリも大好きでついていくことができたのですけどね。
ノリについていけなかった原因は、恐らくシリアスなはずの主人公側VS鷹野・山狗でギャグをやっていたから。
メイドインヘブンとか、沙都子の罠とか、惨劇を打ち砕く話なのに、やけにノリが軽い。
罪滅し編の終盤はそれまでの怖い雰囲気とのギャップ、惨劇が部活のように変化するのが面白かったし、皆殺し編はギャグは亀田くん相手にくらいしかせず、ほとんど真面目に熱いノリでした。
だから今回、初めてこのノリが苦手な人の気持ちが分かりました。

まあ、全体的な構成から見て、ノリについていけない人の方が悪い気がしますが。
これ、少年漫画として観るべきですよね。
シリアスの中におもいっきりギャグをかますのは少年漫画でよくあることだし。
「うえきの法則」でも大事なバトルでメガネギャグぶちかましてたし!
それと、今回のキャッチフレーズは「惨劇なんてない。あったのは、悲劇と喜劇」なんだから、鷹野たちとの対決は悲劇じゃないから喜劇ですよね。
この対決はあまり重く観ずに「バカだーww」「ありえねーww」と観るべきだったのでしょう。
悔しいから2回目のプレイ時には存分に笑ってやります。


赤坂のバトルシーンで文字をでかくする演出。正直、「強そう!」というより「アホっぽい!」と思いました。赤坂だからその認識でOK?
この演出、機関車トミーでやれば良かったんじゃないかな。更に笑えたと思う。
そうそう、機関車トミー。あれ、最高でしたw さすが富竹。派手に捕まっちゃうぞv
そんなアホなトミーも最後は鷹野の庇うというおいしい役どころ。カッコよく決めました。富竹のくせに、生意気だゾ。

今回の準主役(?)、鷹野。
予想以上にすごい過去でした。今回は鷹野の野望を達成させる物語かと一瞬思ったほど。
この過去を描いた目的の1つは恐らく、鷹野という敵の「強い意志」をプレイヤーに見せ付けること。敵は絶対に引かない強い意志があるという情報提示。
鷹野と羽入の対峙はドキドキしました。月とLみたいな。
だから、後半のバトルではもうちょっと粘ってほしかったかな。弱いよこの人。


最後に2つ気になったこと。
羽入が実体化したときはびっくらこいたわけですが、実体化できた理由はなんでしたっけ?
伊知郎やKが認識できていたので、今まで実体化できなかったという前提自体が間違っているような気がしますが。
実体化はできるけど、角を気にしてしなかったとか。

もう1つ、最後の鷹野VS羽入。
この時には既に勝負がついていて、神VS人間という構図なので、超常現象があってもOKだと思います。
DEATH NOTEで月とニアの対決に決着が着いて、ずっと傍観者だったリュークがデスノートに名前を書くように。勝負中だったら反則でも、勝負の後ならOK。
梨花が弾丸を手に取ることができた理屈は…考える必要はないんだろうな。
ここは、神と神に逆らおうとした人間の対決で、第3者の人間が神を人間として迎え入れた。神は人間となり、よって、人間と神の対決は無効となり、弾丸は神に当たらなかった。
…なんて解釈をしてもいいでしょうかw


まだ書き足りない気もするけど、今回はここまで。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/29(火) 02:31:55|
  2. その他感想・考察|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/507-b91df8a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。