ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Fateプレイ日記5

Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版

最後に言おうかと思ったけど、今言おう。

Fate面白ーーー!!

以下、ネタバレ


エセ神父生きてたー!…と思ったら死んだー!…なんなんだこの人はw

ランサー、やっぱりあんたはええ人や。桜編でもかっこいいとこ見せてくれたら嬉しいなー。

シローVSアーチャー。熱い、熱いよお二人さん!

ラスボスはこちらも金ピカ。

凛からシローへの魔力供給はやっぱり性交。女性同士で魔力供給ができるのかどうかが気になった。

忘れたころにアサシン登場。佐々木小次郎についてほとんど語られたようなので、桜編でも出番は薄いんじゃないかと心配。

シローVS金ピカ。なんか、金ピカの扱いがだんだんしょぼくなっているような。Fate編では妙にカッコイイ散り様だったのに、こっちじゃカッコわる!
桜編であっさりやられてもおかしくないかも。

アーチャー生きてた。 あれ?なんで?
まあそれはどうでもいいとして、最後の笑顔は衛宮士郎の理想にふさわしいものだったというか……ごめん、上手く言えないや!

TrueEndは「いざ、ロンドンへ!」
GoodEndは「オバQ残ります!」
GoodEndの方では、セイバーの物語はこれから始まるのかもしれない、なんてことを思った。



凛ルート、UBW編終了。

面白い、面白いよFate。

セイバールートのFate編で「現れた強敵を真正面から倒すのみ!」な王道シナリオだったのに対して、UBW編は「敵が味方に味方が敵に!」という感じでしたね。
Fate編ではバーサーカーと金ピカが強敵だったので、この二人の対決シーンになったときにはドキドキしました。
ランサーはFate編の終盤でいい人っぽいと思いましたが、今回ますますいい人度アップ。ランサーVSアーチャーが前とは逆にランサーが味方、アーチャーが敵というのも面白い構図でした。


そして、シローの「正義の味方になる」という目標。
Fate編では火の海で死んでいった人たちによる脅迫観念であることが描かれ、このUBW編では借り物の目標であることが描かれる。
段々と見えてくる衛宮士郎の正義。桜編ではどのように描かれるのか楽しみです。


さて、次は桜編なわけですが、桜はこの作品のキャラの中ではかなり異色なキャラだと思う。

この作品は女性キャラだけ見ても、セイバーや凛は気が強くてプライドが高い。タイガーやイリヤは本編でもタイガー道場でもとにかく前面に出てくるようなキャラ。
要するに、みんな自己主張が激しいのです。1歩も引かない!というくらい強いキャラばかり。
ですが、桜はそのようなキャラには見えません。
正直、出る作品を間違えてるんじゃないか、学園恋愛物のヒロインなんじゃないかと思えるほどおっとりしていて温厚で気が弱そうに見える。
そんな桜がメインヒロインになるということは、桜編は今までとは違う物語になるのではないか、と推測できます。
あのおっとりした桜がいてはシローが熱く燃え上がることができるのか、とも思ったり。
あ、もしかしたら、桜も実は凛に負けないぐらい気が強いキャラなんてことは…ないかなぁ。

慎二はFate編でもUBW編でも子悪党な役回りですが、桜編ではどうなのか。
桜をひどい目にあわせる悪党か、妹を守るようなカッコイイところを見せるのか、あっさり死ぬのかw
ライダーも気になるところ。正直、慎二より不憫だと思うよこの人。

そういえば、桜と金ピカが話してるシーンがあったっけ。何か関係しているのかな?


それと、イリヤもまだ謎が残ってたと思う。今度もイリヤは敵が味方か。


それでは、桜編に行ってみましょー。
シローが桜にゾッコンだった場合に選ぶであろう選択肢を選んでいけばいいのかな?
スポンサーサイト
  1. 2006/08/06(日) 01:24:11|
  2. その他感想・考察|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/499-d2705352
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。