ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

犬夜叉 第465話「光」

はぐわ~~あがががg(←落ち着け

今回は、この「犬夜叉」という作品の中で重要な要素、私的に重要な要素、合わせて4つが含まれた話でした。(深く読み込めばもっとあるが)

前回の1行目の感想、今回は前回以上にそう思いました。マジで描いてよ!

他サイトで、ハルヒのアニメの構成を的確に分析していたりする人から見ると、やはり今回の話は構成が優れているらしい。
CLANNADのマンガ版を描いているみさき樹里氏もこのくらい情緒溢れる描き方ができればいいのに、なんて一瞬思ったけど、さすがにそれは酷ですね。

一陣の風のえむさんが言うように、「描写の美しさ、こみ上げる静かな感動とはまた別な部分で、物語としての展開としてはどこかすんなり受け入れることができない」部分もあるんだけど、これは後々の話を読んだり、自分で考察を深めて納得できれば問題ないと思う。


以下、ネタバレ。あまり書いてないので、後で追記しまくるかも。


この「犬夜叉」という作品の中で重要な要素、私的に重要な要素

・犬夜叉が「好き」という単語を口にする。
・犬夜叉の涙。
・犬夜叉と桔梗の口づけ。
・桔梗の死。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/13(木) 18:20:10|
  2. 犬夜叉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/474-299d7478
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。