ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

犬夜叉 第455話「切れた弦」

かごめが某ヒロインのように桔梗の首をノコギリで切り裂こうとすることはなく、桔梗を救うために弓の弦を取りにGO。

ドロドロな状況ですが、かごめは奈落の罠に抗い、さっき犬夜叉と桔梗の絆を思い切り見せられても桔梗を救う気。

健気だ…、と思う反面、前回のように「かごめって男に都合のいいヒロインじゃない?」とも思ったり。

いや、かごめ自身が「やっぱり私…汚されているのかしら」と思うくらい不機嫌な様子も見せているから、「男に都合のいい」ではなく、「ヒロインとしての魅力」なんだろうけど、女性から見たら「男に都合のいいヒロイン」に見えるんじゃないかと気になるところ。


…と思ったら、そんな意見全然見かけないんですけどw


逆に、18巻のかごめよりも負の部分が目立って、ヒロインとしての魅力が感じないと思う女性もいる。

…そういえばそうだよなぁ。18巻のかごめを「男に都合のいいヒロイン」と思わない人が、今回のかごめを「男に都合のいいヒロイン」と思うわけないよなぁ…。

というよりも、今回のかごめですら男に都合よく描かれているんじゃないかと思ってしまう自分のほうがおかしいのでしょう。
「School Days」をプレイした後だと、物分かりのいい、恋敵を殺そうなんて思わない女性なんていないんだ!と思ってしまうからいかんよね。

そもそも、「男に都合のいいヒロイン」と「魅力的なヒロイン」の違いってなんなんだろ?
この「犬夜叉」でなくても、女性が「男に都合のいいヒロイン」と思うんじゃないかってのは単に自分の思い込みで、ほとんど「魅力的なヒロイン」と思われるものなのかもしれない。
CLANNADの渚や杏や椋たちも女性から見たら「魅力的なヒロイン」なのかな?


今回の感想を書くきっかけとなったのは、「一陣の風」の2006/4/26の今回の話の感想。
18巻のかごめが好きなえむさんにはCLANNADをお薦めします(>_<)
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 21:05:02|
  2. 犬夜叉|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/392-a0dc895f

犬夜叉第455話「切れた弦」の感想

犬夜叉達の奮戦も虚しく、魍魎丸と赤子を吸収した奈落。さらに一度捨てた人間の負の心を取り戻した奈落によって、犬夜叉や桔梗達は窮地に追い詰められて・・・いよいよクライマックスに近づいてきた?第455話の感想です。
  1. 2006/05/05(金) 14:18:51 |
  2. さくら日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。