ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひぐらし鬼隠し編推理 皆殺し編を踏まえて

ひぐらしのく頃に 鬼隠し編のマンガ版が最終回を迎えました。
読んでいて気になった部分があったので記述。

原作の皆殺し編までをプレイしていない人は読まないで下さい。


圭一の書いたメモで切り取られた部分は

バラバラ殺人の被害者をもう一度よく調べてください。生きています。

富竹さんの死は未知の薬物によるもの。
証拠の注射器はこれです。



大石が圭一の被害妄想だということに気づいて切り取った、という可能性も考えられるけど。

この文章の中で気になるのは「富竹さんの死は未知の薬物によるもの。」
これは真実と言っても良い内容。
もしメモを切り取ったのが鷹野か山狗だとすると、この一文を警察が読んだ場合、調べられたりして厄介なのではないだろうか?
調べられたら厄介だから切り取ったとすると、「バラバラ殺人の被害者をもう一度よく調べてください。生きています。」の方も調べられたら厄介なのだろうか?
最初の怪死事件、バラバラ殺人の被害者は本当にダム現場の監督?
いや、焼死とかじゃないんだから被害者を間違えないとは思うんだけど、なんか気になる。何か隠されてそう。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/27(月) 23:28:35|
  2. ひぐらしのなく頃に|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/337-a53dd6a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。