ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

School Daysプレイ日記4




ぎゃあああ!!!!


「肉欲」
「クリスマス・イブ」
「素直な気持ちで」
を観ました。

そして…


あは…あはは……っく……くはっ…ははっ…あっははは……


がんばれ言葉…! こんな…鬼畜生に負けるな…!!! 本当に強い…お前の力を見せてくれぇえぇえ!!!

頼むよ……言葉…!!! 言葉!! どこで…お前はこんな鬼に負けちまったんだ?! 負けるな…、戦え、…戦えぇえぇえ!!!



死んじゃえ



最終話「鮮血の結末


「人の心は脆いもの… 憎しみはたやすく生まれる。この女も同じだ」


↑の熱い台詞は「ひぐらしのく頃に」のパロディですが、本気でそう思いました。魂の叫びです。
戦え、ってのは世界を殺せと言っているのではないので誤解なさらぬようw


↓プレイ中に書いたメモ。

・言葉が世界に悪気なく言った「嫌いと言ってください」
それが倍返しになったかのようにいじめを受ける。

・言葉が誠と付き合っていることを知らずに世界の友達らは言葉に誠にちょっかい出すな、と言う。
世界と付き合っていると思っている。

・世界は断りきれなかった。
多分、大したことは起きないと思っていたのではないだろうか。

「キスから先へ」を観た。

・世界は七海たちが言葉をいじめていることを本当に知らなかったのではないだろうか。そんな素振りだった。

・七海たちの描き方に驚いた。
友達想いな良い面と、陰湿ないじめをする悪い面の両方を描いている。
良い奴、悪い奴、と一括りにできない描き方。
やはりこの作品は「人間の愛憎劇」として観るのが面白い。

「この世に迷いなき者 一点の汚れもなき者などいるのでしょうか」


まだ観ていないENDがたくさんありますね。
惨劇はまだ終わらない。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/25(土) 00:20:56|
  2. その他感想・考察|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/323-ce76df24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。