ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CLANNADプレイ日記14

プレイ日記14回目。
ネタバレあり。


草野球シナリオ終了。
おまけだけあって、このシナリオだけかなり異様だよw
それぞれのキャラの特徴が出まくってて結構楽しめました。
EDは笑いましたw 野球のルールは全然知らないから表示されているやつの意味はさっぱり分からないんですけどね。


いよいよラスボス…じゃなくてアフターストーリー。
渚を守るために、秋生、早苗に甘えないために、古河パンで働くのを辞め、祐介の職場で働き、渚とアパートで同棲することになった朋也。
この場面の朋也と自分を比べてみると、自分がものすごく不甲斐ない人間に思えて本気で落ち込みました。orz
僕はこの時の朋也のような考えや覚悟は絶対できません。僕が朋也なら間違いなく古河パンで働き続けます。そんな自分にめちゃめちゃ凹みましたorz
僕は18歳で、2ヶ月前に高校を卒業したので朋也と状況が結構似ています。そんな自分と朋也の人としての差が激しすぎます。うう、俺ってダメ人間…。
この辺については今度詳しく書きたいです。

こんなことを考えていたこともあって、かなり重い感じで同棲生活の始まりの場面を読んでいたのですが、渚が風呂に入っている間にアホなことをする朋也を観て落ち着きました。
よく考えたら、同棲ってものすごく「萌え」なシチュエーションじゃんw (「萌え」って単語はあまり使いたくないなぁ)

働いている朋也はかなり大変そうですね。友達に電柱を登ったりする仕事をしている人がいるのですが、大変なんだろうなぁ。
そして日曜日。一旦古河家に戻る朋也と渚。
その夜の選択肢は「黙ってじっとしている」を選択。
ギ、ギリギリだーw これが全年齢対象でいいのか…って、智代シナリオでも同じこと言ってましたね、自分(^^;

現在5/13の最初らへん。続きをプレイしてきます。

プレイ日記15へ
スポンサーサイト
  1. 2005/05/28(土) 19:24:40|
  2. CLANNAD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

☆祝1000hit☆

同棲編

同棲編の時点で既に普通のギャルゲじゃないですね…
交際して結ばれてめでたし、めでたし終。じゃなくて
CLANNADでは結ばれた後の方が大変なんだってことが、これでもかってくらいに主人公視点で語られてて、理想と現実の違いを意識せざるを得ない作りになってます。ウチも普通に衝撃を受けました…。

>渚を守るために、秋生、早苗に甘えないために、古河パンで働くのを辞め、祐介の職場で働き、渚とアパートで同棲することになった朋也。

決断した朋也も凄いけれど、朋也を信じてついて行った渚も凄い…。人としての経験値が自分とは比べ物にならないです。orz

人間守るべき物ができたら、それまでの自分を捨てて自分を犠牲にしてまで「守るべき物」のために生きることができるんでしょうか?

秋生・早苗しかり… 

ただ、現実では芸能界とかの離婚話などをTVとかで聞く限り、自分の夢のためにとか、さらに上を目指すために別れたとか多いですよね。

その夫婦は子供の事を本当に考えてるのか?とか考えるのは余計なお世話ですが、そういう視点から見ると秋生・早苗達の決断がどれだけ難しいかがわかります…

この二人は本当にスゲーと思いますですよw

  1. 2005/05/29(日) 19:42:36 |
  2. URL |
  3. 高野豆腐 #NCcnZXFM
  4. [ 編集]

センキューw

>同棲編

僕はギャルゲーはAIRとKANONしかやったことはありませんが、ギャルゲーに同棲→結婚→出産があるイメージは持ってませんw
いや、ほんと、すごいシナリオです。

>決断した朋也も凄いけれど、朋也を信じてついて行った渚も凄い…。人としての経験値が自分とは比べ物にならないです。orz

そういう意味ではこの2人は最強です(^^; 見習わなければと思ってしまいます。

>人間守るべき物ができたら、それまでの自分を捨てて自分を犠牲にしてまで「守るべき物」のために生きることができるんでしょうか?

少年漫画でもそういうものをテーマにした作品が多いですが、僕が一番痛感したのはこの作品ですね。
現実でも本当に守るべき物ができたらできるようなできないような…。経験の足らない僕ではなんとも言えません。orz

>ただ、現実では芸能界とかの離婚話などをTVとかで聞く限り、自分の夢のためにとか、さらに上を目指すために別れたとか多いですよね。

確かに多いですね。この作品はこういう人たちのことも考えながら作られたのでしょうか。奥深いです。
AIRも「自分たちが作った血の繋がった人間が子供であるという考え方しかできない親」を否定する作品だと解釈する人もいますし。(僕もそう思います。)

>この二人は本当にスゲーと思いますですよw

同意w

では。
  1. 2005/05/30(月) 10:01:17 |
  2. URL |
  3. ニイハ(管理人) #TZJekAn.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/32-72a75a4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。