ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PS2版CLANNADプレイ日記7

杏シナリオの途中。

以下、ネタバレ。


智代シナリオ感想・考察

朋也と智代が別れた理由の1つは、朋也が不良だったことなのだが、じゃあ、朋也が不良ではなくフツーの生徒だったら何も問題はなかったのか。
朋也が普通の生徒だろうが優秀な生徒だろうが、智代が校内放送を私信に使ったり、生徒会を抜け出して朋也にあったりはするだろう。問題ありまくりである。
朋也はその辺が分からず全部自分のせいだと思っているのではないかと思ったが、「智代アフター」では智代の盲目的なところを指摘していた。
意外と分かってんのね、朋也。

人は完璧ではない。何かしらの欠点はある。
朋也と智代、両者の欠点が見え隠れするシナリオ、大好きだ。




幸村(青野武)
「ほわちゃ」がすっごい早口で驚いたw


杏シナリオ、まだほとんど進んでない…。

杏はヒロインの中では一番好きです。かなり好き。とことん好き。
なんでこんなに好きなんだろ?
主観だから完全には説明つかないだろうけど、できるだけ分析してみる。

ヒロインの中で一番好きな理由は分かる。
ここで言うヒロインとは、渚、杏、ことみ、智代、風子、有紀寧、椋。
他の女性キャラは立ち位置の違うキャラのような気がするので、とりあえず今回は除外。
まず消去法で、渚、ことみ、風子、有紀寧、椋は一番にはならない。
これらのキャラは表面的に見て、思いきり男性ウケするようなキャラだと思う。そういうキャラには惹かれにくい。
残ったのは杏と智代。
智代はオフィシャルコミックの智代が結構好きだし、智代アフターで魅力たっぷりに描かれているが、やはり杏の方が好き。

杏が好きな理由

1つは、やはりあの性格。
明るく口が悪く乱暴だけど面倒見のいいってところがなんか好き。
男性に媚びたキャラじゃないところも好印象。
それと、女の子らしいところ。
「犬夜叉 キャラクター心理分析書」で、かごめについてこう書かれている。

-----------------------------
犬夜叉がどこまでも男の子然とした男の子であるのに対して、かごめはどこまでも女の子然として、女の子らしい女の子だ。
女らしいというのとも、また少し違う。
かわいらしい面もあれば勝ち気な面もあり、母性的な優しさも持っていれば、幼児のようなわがままなところもある。
けらけらと笑っていたかと思ったらいきなり不機嫌になり、せつない表情を見せたかと思うと、すまし顔になったりもする。
まだまだ揺れ動いている存在で、いい意味で未完成。
子供でも女でもなく、やはり女の子なのだ。
-----------------------------

杏は割とこれに近いと思う。

分析はここで終了。まだ分析できそうだけど、思いつかないや。

朋也と杏が気軽に会話しているシーンが好き。


そげキングの歌が頭から離れない…。

キスの練習シーン直前までプレイ。
完全に自分だけのことになるのですが、作品におけるキスシーンというものにちょっとだけネガティブな印象があります。
なんでかというと、多分映画犬夜叉2のせい。
この映画で犬夜叉とかごめがキスしていたわけですが、原作でもしていない2人が映画でするのはかなりショックでした。しかもキスするようなシチュエーションだと思えなかったし。(あそこは抱きしめるだけのところだろぉよぉ~!多分)
こんな感じでキスシーンというものにネガティブな印象なのですが、PC版CLANNADをプレイしてから少し持ち直したかも。
この作品のキスシーンにはドラマが描かれているから容易に受け入れられます。
特に、朋也と渚のCG付きキスシーンは2人の内面ドラマがしっかり描かれていたので好印象でした。


思いつきで書きまくってます。

朋也と杏みたいな友達同士のような付き合い方をしていると、惚れていることを自覚できない時期がある、ということもあるんだと思う。
「犬夜叉」の場合、犬夜叉はかごめに惚れていることを4巻では自覚していないようだった。6巻では思いきり嫉妬していたので自覚していると思うが。
朋也が椋の告白にOKするとき、多分朋也は付き合うことを軽く考えていたんだと思う。
友達として付き合うことと恋人として付き合うことを同じように考えていたのではないだろうか。

朋也と椋の恋愛面でのキョリは常に一定だったと思う。
付き合っているうちに椋に心変わりする可能性はあったか。
椋エンドは元々存在しないものなので考えないことにする。
朋也と杏が付き合っているという噂が流れなかったらどうだろう。
この噂のせいで朋也が杏を意識し始めるようになったから。
噂が流れないで、朋也が杏を意識するような出来事がなかったとしても、朋也や椋に惚れるようなことがなければいけない。
別のシナリオで、朋也が渚に惚れたのは、心の傷である父親の件で支えられたりしたから。
智代は似たもの同士だったから。
ここまで書いて思ったのだが、恋愛を強調しない付き合い方をしていた方が朋也が惚れる可能性は高くなるのではないだろうか。
そして、重要なのが朋也の心の傷。椋がこれを癒すことができれば朋也が惚れるかもしれない。


「もし杏シナリオの主人公が犬夜叉だったら?」というのをたまに考えます。

椋「ぁ…えっと…あまり遅刻とかしない方が良いと思うんです」
犬夜叉「あぁ? 別にてめぇには関係ねえだろ」
椋「でも…その…学校には…ちゃんと来た方が良いと思いますから…」
犬夜叉「けっ、てめぇに心配される筋合いはねぇ」
椋「……」
ジワ…と目が潤む。
な…泣いてるのか? 俺が泣かしたのか!?
犬夜叉「なっ泣くなー!」
椋「…大丈夫です…泣いてませんから…」
犬夜叉「…ったく、わあったよ。少しは気をつける」
椋「あ、は、はい…」

犬夜叉は涙に弱いw
基本的に好きでもない女性の告白にOKはしないでしょうが、演技でもいいから必死なところを見せて、涙を見せれば普通にOKしそう。
…って、これ、単なる泣き落としじゃないかw
スポンサーサイト
  1. 2006/03/14(火) 01:34:23|
  2. CLANNAD|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/300-e70021e5

クラナドプレー日記~相楽美佐枝(3)~後編

では昨日に引き続き、美佐枝さんシナリオの後編です…こうしてる間にも3週目をプレーしてます。次は、順番的に智代さんがいいらしいので、智代シナリオ目指してちまちまやってま
  1. 2006/03/10(金) 22:25:27 |
  2. クラナドぶる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。