ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PS2版CLANNADプレイ日記6

なかなかプレイする暇がないとです。
ほとんど自己満足なプレイ日記。

以下、ネタバレ。


プレイ中に、たまに後ろで母が観ているときがあるのですが、なんというか、間が悪いです、この人。

風子シナリオでは、ちょうど親衛隊が登場したシーンから観始めて、かなり引いていました。
で、恐らく母の中では「ヒトデの彫刻を人に押し付けるバカなロリ女の物語」になっているようで、「それのどこが面白いの?」と言われました。
母はマンガやアニメには結構理解のある人で、「犬夜叉」の内容もだいたい知ってますし、「AIR」の美凪シナリオで泣いた人です。
こんな人が「それのどこが面白いの?」と言うのは息子から見ても珍しすぎます。

有紀寧シナリオでは、最後のおまじない、「抱いて下さい」のところを観て、「大胆な娘だねぇ」と言っていました。
母の中では有紀寧は抱いて下さいキャラか…。

なんか、この作品をかなり誤解されている気がするので、幸村シナリオでも見せようかな。




智代(桑島法子)
この声だと朋也のエロい(?)シミュレーションをしているときに飛来骨で殴られるんじゃないかと思ってしまう。
未だに珊瑚と被るなぁ。


有紀寧・幸村シナリオ終了。

この2つのシナリオ、主観100%で言うと、ぶっちゃけ風子シナリオより好きです。
どちらのシナリオも馴染みやすいんですよね。
有紀寧シナリオはギャグで笑えて中盤と終盤でテーマを描く。そのテーマがドラマでもありそうな内容なので分かりやすい。
幸村シナリオも生徒と教師を描いたものなので分かりやすい。

よし、これで64HITのフラグが立った!w




鷹文
智代アフターの方が好みかなー。
矢島晶子さんじゃなかったかw


智代シナリオ終了。

坂上智代は容易く生徒会長になれるはずだった。
それが、途中から危うくなった。
なぜだかわかるか?
智代がつまらん不良に惚れて、ただの無力な女になりさがったせいだ。
智代はあの不良と一緒にいることを優先させる。
生徒会長の座も危うくなり、桜並木を守るという目標を果たせなくなるのも時間の問題だった。
ところが、あの不良、朋也は智代と別れおった。
おかげで智代は生徒会に専念し、桜並木を守りおったわ…。
朋也が別れなければ、智代を地に落とすことができたのに、あの不良ごときのせいで…。
おのれ…
おのれ……。


以上、小ネタでした。

感想

感動した。
傍観者として観るから感動しないはずだったんですけどね。
このシナリオ、めっちゃ好きです。
現在クリアしたシナリオの中では一番好き。

このシナリオ、どうしても他の作品を思い出してしまう。
朋也と智代が微妙に犬夜叉と桔梗に似てるなぁと思ったし、別れの場面は「ワンピース」のウソップとルフィの決闘と微妙に被ったし。


ワンピの決闘と被った理由
ワンピの長年のファンの人が、ウソップが麦わら海賊団から抜ける理由は、メリー号の件だけでなく、自分が足を引っ張るのが嫌だという理由が本音なのではないかと言っていたから。

智代=ルフィ
朋也=ウソップ

に見えたんですよね。こじつけですけど。

「重い…!!!!」
「それが…生徒会長だろ」

みたいな♪みたいな♪


犬夜叉と桔梗に似てると思った理由
正確には50年前の犬夜叉と桔梗に似ていると思います。
抱きしめたりキスしたりしてる分、アニメ版の方が似ているかな。

ちょい解説。
犬夜叉は半妖を理由に妖怪や人間から蔑まされ、荒れていました。
桔梗は高貴なる巫女として、四魂の玉を守っていました。
で、犬夜叉が桔梗から四魂の玉を奪おうとして、返り討ちに。
ある日の桔梗と犬夜叉の会話。

「私がどう見える? 人間に見えるか?」
「あー? なに言ってんだてめえ」
「私は誰にも弱みを見せない。迷ってはいけない。妖怪につけこまれるからだ。人間であって、人間であってはならないのだ。犬夜叉、おまえと私は似ている。半妖のおまえと… だから…殺せなかった…」
「けっ。なんだそりゃー グチか? おめーらしくな…」
「やっぱり… 私らしくないか」
ぎく
桔梗のさみしそうな顔を見ておれは…
生まれて初めて悪いことをしたような気分になった…
気になって…
桔梗のことばかり考えるようになってた

簡単な解説終了。
しゃかりき わんころべぇ」のplay→[]四魂の光[]を読むと分かりやすいですよ。

で、どこが似ていると思ったかというと、
犬夜叉が荒れていて現代で言えば朋也と同じ不良なところと、
桔梗が高貴なる巫女で生徒会長の智代も高いレベルの人間なところ。
第3者から見て見下される男と、優れた人間だと思われる女。ここが共通しています。
もし犬夜叉が桔梗が自分のせいで霊力が弱まっていることに気付き、後々惨劇が起こることを予想できていたら、朋也みたいに別れを選ぶのかな…。

もし智代が生徒会長になった後に朋也と出会っていたらどうなっていただろう。
桔梗みたいに、朋也に正しい生徒としていなければならないことを寂しそうに話したりするのかな。そういうシナリオも観てみたいなぁ。

あ、それともう1つ似ていると思ったところ。
朋也と春原を足して2で割ったら犬夜叉にならないかな?
春原が智代に襲い掛かって蹴られるところを見ると、犬夜叉が桔梗に襲いかかってやられるところを思い出す…。
でも犬夜叉は春原みたいに姑息なことはしないし、ヘタレてない。(いや、別の部分でヘタレているけど)
朋也の冷めていてひねたところと、春原のアホで勝気なところが似てる…かな。
まあ、ほとんどこじつけですけどね。


なんか犬夜叉がメインっぽくなってきちゃったところでプレイ日記終了。
次は杏シナリオ!
最初はこじつけで「犬夜叉18巻に似てる」と言ってたけど、最近では本気で似ている気がしてきたり。
このシナリオに入る前に、アニメ犬夜叉第48話「出会った場所に帰りたい!」を観よっと。
雪野五月さんの演技が上手いのですよ。
「桔梗なんていなくなってしまえばいいのに――私…こんなに嫌な女だったの? 私、今きっとすごく嫌な顔してる。こんな顔で犬夜叉に会えない」
のところが。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/09(木) 01:01:39|
  2. CLANNAD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/295-5194d29c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。