ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PS2版CLANNAD プレイ前雑記

CLANNADファンとしてよりも、犬夜叉ファンとしての血が滾るのはなぜですか?w
今日のサンデーで奈落に惹かれたからに違いない。

声に関しては客観的な評価はほとんどできず、ほぼ100%主観に頼るしかないので、あまり他人の意見は参考にしていません。
ただでさえギャルゲーは他の人と価値観が合わないのだから。
声がやたらと高い女子高生は引きます。割と慣れたけど。

ことみの声はどうやら予想通りっぽい。
「邪見さま~、邪見さま~、どうして緑なの~♪」
みたいな感じなのでしょう。


このボイス付きゲームやアニメにおいて、声が合う合わないというのは何を基準にしているのでしょう?
上に書いた「声がやたらと高い女子高生」は現実には極めて少ない。だから、このような声は本来は合わないはず。よって、リアルさを求めているわけではない。
自分の仮説(?)を簡潔に書くと、例えば、可愛い感じのキャラは可愛い声、かっこいいキャラはかっこいい声を求められると思います。(って当たり前か)
ならば、可愛い声とはどんな声か。かっこいい声とはどんな声か。
それと、対象となるキャラが「可愛い」「かっこいい」などのタイプで、どのタイプに当てはまるか。
この辺で意見が分かれると思います。
アニメやボイス付きゲームにどれだけ触れてきたか。どういう傾向の作品に触れてきたか、によっても変わると思います。
ちなみに、僕はToHeart2の公式サイトでキャラの声を聴いたとき、最初はほとんど声が合わないと感じました。特に愛佳。(今は慣れた)
でも、「ギャルゲー」としては合っているのだと思います。
「ギャルゲー」と捉えるか否かでも意見は変わるのではないでしょうか。

個人的にはアニメ犬夜叉の奈落の森川ボイスのように声に酔いしれることができたら十分じゃよ。

CLANNADってPC版をプレイし始めた当初はここまでハマるつもりはなかったんですよね。
likelifeや3daysと同じ扱いをするつもりでした。
今では「犬夜叉」の次にお気に入り作品。


以下、ネタバレ。


プレイ前に書けることはなんでも書いときます。


自分の明らかな偏食による好き嫌いな要素については、書いても好きな人が不快に思うだけで何のメリットもないので基本的に書かない姿勢ですが、これについては書いてみるかな。

藤林椋、ぶっちゃけ最初はあまり好きではありませんでした。(過去形
なんというか、主人公に一途に片思いするおとなしくて控えめなヒロインってあまり好みじゃないです。
男に都合良過ぎな気がするんですよ。ただの男の妄想に見える。女性プレイヤーに嫌われそう。
Fateの桜も現時点では同様の理由であまり好きではなかったり。(原作未プレイ。活躍が楽しみっす)

そんな感じであまり好きではなかった椋ですが、杏シナリオと勝平シナリオで株が急上昇。(ことみシナリオではあまり上がってないけど、この2つのシナリオで高く上がってしまったから仕方ない)
杏シナリオ、うろ覚えだからPS2版をプレイしないと詳細は分かりませんが、一気に好きになりました。芯の強さが見えたからかな。
そして、勝平シナリオ。
朋也をそこまで都合良く一途に想ってたキャラじゃないと判明し、大好きになりました。
朋也に惚れる大した理由はないのに、勝平を拒否して朋也を一途に想うような女だったら株が下がってたかもしれません。
思春期の女の子という感じがして結構好きです。カップリングとかを気にしない女性プレイヤーなら好きかもしれない。

藤林椋
before あまり好きじゃない
after 大好き
スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 23:27:44|
  2. CLANNAD|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

コメント

TBサンクスです

>このボイス付きゲームやアニメにおいて、声が合う合わないというのは何を基準にしているのでしょう?

原作付きのゲームやアニメの場合、やはり自分で作り上げた先入観の声が脳内に自然と出来上がっているので、それで声の合う合わないが出来ているのでしょう。
その脳内声と声優さんが似ていれば、そして始めに違和感があったとしても、自分の中にあるキャラの印象とあっていれば大概は慣れたりするものですね。
ギャルゲーうんぬんという意見ではなくて、それでも合わないというのなら単に自分と合わない、アニメ声がうけつけないという理由なのではないでしょうか。別に悪い意味ではなくて。
…まぁ究極的には人それぞれ、なんですけも。


ただ合う合わない以前に、演技が下手というのが問題ですよね。
今作で言うならことみの声優さん。
演技が微妙というのはいわずもがな、演技の幅が少ないのも問題。
例えば美佐枝さん演じる雪野さんなら、犬夜叉のかごめやひぐらしの魅音のような元気なキャラ、同じくひぐらしの詩音のような大人しめのキャラ、そして今回の大人でちょっと姉御肌のようなキャラと、それぞれでまるで別人のように感じる演技の幅がありますが、ことみ演じる能登さんにはそれがない。
いや自分が知らないだけであるのだろうと思いますが、それでも他の作品のキャラとほぼ同じの声なんですよね…やはり問題に感じます。

っと、何だか長文になってしましましたorz
クラナドプレイしていないのに…(涙
それでは~m(__)m
  1. 2006/02/24(金) 01:37:41 |
  2. URL |
  3. はぐれ #US7Is6OM
  4. [ 編集]

前半の返信

返信が遅れまくりました。申し訳ありません。
先入観の声が脳内に自然と出来上がっているってのは、まさににその通りですね。アニメに触れることが多いほどイメージしやすいかも。
アニメ声は、少し苦手だったということもあるのですが、ToHeart2は予想以上にアニメ声が多かったというか、愛佳の声が雪野五月さんあたりのイメージだったから驚きまくったというかw
  1. 2006/03/05(日) 01:13:02 |
  2. URL |
  3. ニイハ #TZJekAn.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/277-eff067ca

しー!える!えー!えぬ!えぬ!えー!でぃー!ゲーット!!

この世の理はすなわち速さだ物事を速く成し遂げればその分時間が有効に使える気になっていた漫画の続きが読める見たいと思っていた映画にも行けるお気に入りの服の綻びを直すことだっ
  1. 2006/02/24(金) 01:23:19 |
  2. 万聞は一見に足るやも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。