ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

劇場版AIR 感想1

劇場版 AIR (通常版)
劇場版 AIR (通常版)

公開時には原作ファンから(悪い意味で)騒がれまくった劇場版AIR。
どんなものが飛び出るかと思えば、意外とまともでした。
原作と内容や設定がほとんど違うということを観る前に知っておけば結構楽しめます。面白いですよ、これ。
原作とは別物という風に観ようとしても実際は違うところが少ない、でも重要なところが違う、という作品に比べれば全然マシです。(アニメ犬夜叉とか)

これ、BS-i版を観る前に観たかったなーと思いますね。
ギャルゲーっぽさが原作やBS-i版より少ないんで、
そっち系に触れたことはないけどAIRという作品に触れたい、
もしくは、そっち系が苦手、耐性がない、
という人は最初に劇場版を観ることをお薦めします。
(ただし、原作と劇場版の内容が異なることを承知の上で)

まだ一度観ただけなんで、うろ覚え。その状態での感想です。
以下、ネタバレ。


メモの方でも書いたけど、世界観や雰囲気は原作よりこっちの方が好きです。
AIRという作品に触れたいなーと思い始めたときに期待していたような世界観、雰囲気でした。

とにかく原作と違うところが多いのですが、笑ってしまったのが、神奈の原作との違い。
バリバリ恋愛モードの神奈は原作を知らなくても印象に残りそうな感じです。
見た目も中身も別人な柳也もなかなか面白かったです。(原作に立ち絵がないから見た目が統一されないのかな)


・キャラについて

往人
やさぐれてます。なかなか面白いキャラ変更でした。緑川光さんの声がGOOD。
芸の技術は原作よりもあり、稼ぎまくっております。これには笑えました。

観鈴
原作よりもまともな娘に見えます。
割と積極的な性格で、このキャラ変更もかなり面白かったのですが、往人と恋仲になったときは吹きました。
「忘れてた! この2人は原作と違って恋仲になるんだったー!」と心の中で叫びましたね。あれは心構えしておかないと衝撃を受けます。
病気で嘔吐するシーンは病気を美化していなくて良いかもと思った。
着物が出てきたシーンでコミック版を思い出したり。

晴子
誰だ、スケスケの服を着せる案を出したの。

美凪・佳乃・みちる
一瞬だけ登場。
ファンサービスでしょうか。

ポテト
テレビ出演かい!


医者っぽい。(医者だけど)
観鈴の病気に対しては現実的な対処。
晴子も病気に対する描き方は原作よりもこっちの方が自然といえば自然。
まあ、自然=良い、不自然=悪い、というわけではありませんが。(ファンタジーだからね)

神奈
上記の通り。

裏葉
出番少ねえぇぇ!

柳也
上記の通り。
法術の駒回しは面白い設定だなと思ったり。

そら
ただのカラス…と解釈して良いのでしょうか。
そういうわけでもないんじゃないかと思わなくもない。

敬介
誰だ、メガネかけさせたの。(サングラス?)
なんか意味あるのかな?


音楽がいいですね。サントラがほしい。
夏の田舎町の雰囲気はBS-i版よりも出ていました。


原作とはかけ離れた内容となっておりますが、原作に忠実にしていたら、劇場版にする意味はないと思います。BS-i版だけ観てれば良し。
でも、オリジナルの話にするとしても、北斗の拳の劇場版みたいに本質や根本的な設定は変えていないものを普通望みますよね。


ふと思ったのが、もしCLANNADがAIRみたいにアニメ化、映画化して、劇場版が原作とはかけ離れたものになっていた場合、劇場版に何を望むか。
個人的には、ギャルゲーっぽさを減らし、ギャルゲーに興味のない大人でも面白く感じる、人情劇のような内容を望みます。
ぶっちゃけると、「高橋留美子劇場」みたいなやつ。もしくは「三丁目の夕日」。


レンタルで借りた翌日に返さなければいけないので、あまり深く書くことはできません。
旧作になったらまた借りてみようかな。

総評(?)
結構楽しめました。
原作との違いを笑い飛ばして楽しむという歪んだ楽しみ方をした部分もありましたが、世の中にはそんな楽しみ方すらできない作品もあるので、まあ良いかな、と。

これ、犬夜叉で例えるなら、ファンが戦国冒険絵巻を期待して観に行ったら、内容が第128話「干物妖怪と激闘文化祭」だったようなもんですよね。
金返せと言いたくなりますな。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/12(日) 14:36:38|
  2. AIR|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

コメント

原作との違いが…

個人的には結構苦手でしたねー。
往人の芸風が「なんじゃこりゃ?」って感じでw
原作を知っている人には心の準備が必要ですね。

あと友人は「世界の中心で愛を叫ぶ(だっけ?)」と似てるって言ってました。
  1. 2006/02/13(月) 06:30:57 |
  2. URL |
  3. うに #-
  4. [ 編集]

気軽に観れるものではないですね

AIRに限らず、原作とかなり違う感じになると抵抗がありますね。
あの芸風には吹きましたw

「世界の中心で愛を叫ぶ」は観たことないです。
ネタでならよく見かけますけど。
  1. 2006/02/15(水) 23:23:28 |
  2. URL |
  3. ニイハ #TZJekAn.
  4. [ 編集]

こんにちわ。ソラといいます。

そうですか、劇場版は「大丈夫」でしたかー
私は原作に固執しすぎたせいかやっぱりなじめなかったです。

ちなみに私も最近劇場版を見ているので是非時間があったときにでも私の感想も見てみてくださいー

トラックバックつけておきますねー

あと相互リンク希望です♪

でわ
  1. 2006/02/22(水) 11:25:19 |
  2. URL |
  3. ソラ #wU.rbL5A
  4. [ 編集]

初めまして

>ちなみに私も最近劇場版を見ているので是非時間があったときにでも私の感想も見てみてくださいー

読みましたw
原作で細かい大事な要素はことごとぐ無視されていましたね。
まあ、監督は原作は未プレイらしいですし、仕方ないですけどね。(監督に誰も教えなかったのでしょうか)

劇場版AIRが何を伝えたかったのか、もう一度観て考えてみたいっす。
  1. 2006/02/26(日) 00:36:11 |
  2. URL |
  3. ニイハ #TZJekAn.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/256-69cdd269

劇場版AIR感想

 …こんな感想を書かざるを得ないことが、残念でなりません。そう、控えめに書いても劇場版AIRは地雷と言わざるを得ない、と。 大変個人的な意見であることをお断りした上で、劇
  1. 2006/02/13(月) 07:54:39 |
  2. Old Dancer's BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。