ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひぐらしのなく頃に 皆殺し編感想(下書き)

一言でいうと

最高!

グッジョブ!

(二言じゃん…)

まあ、罪滅し編の時のように賛否両論あるでしょうね。
でも、否を恐れて無難な作品にされるよりはマシかな。
っていうか、この作品、鬼隠し編の頃から賛否両論じゃないのか。

アニメは罪滅し編までだからこれはアニメ化されないのかな?それだと残念。
OVAなどでやっていただきたいところ。

以下、ネタバレ。


え~と、何から書こう…。とりあえずコレから。

トミーを殺したのはやっぱり鷹野さんだった!

梨花を殺したのも鷹野さんだったんか!

鷹野三四の本性はメーテルムスカー!?


鷹野さんがあの黒い服で登場した時は笑いを堪えるのに必死でしたw
この作品に真犯人というか、黒幕、宿敵、ラスボス的な人物が存在するのかずっと謎でしたが、
鷹野さんはあの黒服で自分がラスボスだということを少年漫画的に思い切りアピールしてくれました。分かりやすっ!
あ、まさかとは思うんですが、これって鷹野さんがラスボスだと思わせるミスリードでしょうか?
実は本当の黒幕はイリーでした~とか。…んなわけないか。



世間の感想を読むと、
「こんなの推理できない」「何でもあり」
という意見が多いけど、じゃあ推理してほとんど当たっている人はいったい何なんだろう?
月姫研究室」とか。これは推理ではないのだろうか?
そして、祟殺し編の時点で
「素人の単独犯ではあるまい、政府レベルが絡んでいるだろう」
罪滅し編で
「確信した。暗殺部隊はいる。白いワゴン車が怪しい。」
と思ったニイハは何なのさ!?
それと、「ノドカキムシールがこの作品において存在する可能性がある」ということを示すような描写ってなかったっけ?
スポンサーサイト
  1. 2006/01/03(火) 18:51:27|
  2. ひぐらしのなく頃に|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

コメント

クリアしました~

TBも貼らせて頂きますたm(__)m

>アニメは罪滅し編までだからこれはアニメ化されないのかな?それだと残念
今回が入るとどうしても祭囃し編も入れなくちゃならないですからね~。
26話の各章で毎回惨劇を起こして、最後の罪滅しで
「おい、毎回俺たちの惨劇を笑っている視聴者!お前等の望む展開を覆してやったぜ!」
みたいな展開が一番気持ちいいですからね~。
エンディングはぜひZ・E・R・O希望ですな。

>鷹野三四の本性はメーテルムスカー!?
ハゲワロスwww
何かに似てるなぁ、と思ったらそうか、メーテルだ(笑

今回で梨花ちゃんループの期間が決められ、悟史んを救うことに介入できなくなったわけですが…。
結局助けられないのですかね?「東京」とかに保護されてたりしないのかなぁ…と妄想。
ハッピーエンドでは悟史もいて欲しいです(><
  1. 2006/01/10(火) 02:07:20 |
  2. URL |
  3. はぐれ #US7Is6OM
  4. [ 編集]

すいません、返信遅れました。

>「おい、毎回俺たちの惨劇を笑っている視聴者!お前等の望む展開を覆してやったぜ!」
>みたいな展開が一番気持ちいいですからね~。

個人的には、それをやって、エンディングが流れた後に「悪魔の脚本」をやって終えるのがいいですね。くすくすくすくす…!
エンディングは僕もZ・E・R・O希望です。

>ハッピーエンドでは悟史もいて欲しいです(><

悟史は未だに謎のままですね。
もし鷹野たちが連れ去ったのなら、その理由が重要なんじゃないかなあと思ってたりします。
それと、沙都子が叔父に悟史の部屋を探させなかったのも妙に気になったり。
  1. 2006/01/18(水) 01:24:13 |
  2. URL |
  3. ニイハ #TZJekAn.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://niiha.blog9.fc2.com/tb.php/216-93c63236

ひぐらしのなく頃に 皆殺し編 感想

GOOD JOBちょー個人的総評:9点何点満点ですか…?10点感想遅れました…まぁそんなこともあるorz以下ほんの少しネタバレなのですよ、にぱー☆彡
  1. 2006/01/10(火) 01:58:40 |
  2. 万聞は一見に足るやも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。