ニイハの縄張り IN ブログ

「ニイハの縄張り」の別館みたいなもので、こちらにも文章を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おバカタレントについて

クイズ番組でバカを晒す人って昔からいるよね。今に始まったことじゃなく。
僕の知っているものでは、「マジカル頭脳パワー」で間寛平や後ろの方のゲストが間違った解答を出したりマイナス点になるまで答えられないということが多かった。珍解答もあったような。
まあ、ヘキサゴンほどあからさまにネタにはしてないけど、笑える要素の1つではあったと思う。
(ついでに言うと、この番組では頭が悪い人だけでなく、頭の良い人も目立っていた。所ジョージは毎回すごかった。問題が表示される前に答えるという荒技を何度かこなし、正解したこともある。)


ヘキサゴンとかでバカを晒している人が本当のバカなのか演技なのかは知らないけど、このやり方で笑いをとることは否定されるべきではないと思う。
なぜなら、この笑いはピエロ的な笑いだからだ。
このやり方で笑いをとってはいけないということは、ピエロがドジをするような演技で笑いをとってはいけないということになる。
この笑いのとり方を肯定した上で批判するのなら別にいいんだけど。「もっと笑いをとれるバカの晒し方がある!」みたいな。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/23(日) 01:39:05|
  2. その他雑文|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チェック!チェック!チェック!

こんなん試してみました。

無料占い あなたのヘンタイ度チェック!

ニイハの結果はというと…

【“チェック!チェック!チェック!”の続きを読む】
  1. 2006/05/22(月) 23:52:51|
  2. その他雑文|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

カカオでチョコパv

カカオ99%のチョコを買いました。
前に柴田亜美先生などが食べていて、みんな悲鳴をあげていたようです。
大げさだなぁと思いつつ、
パクッ…


ぐふあ!!


に、苦っ!ここまで苦いなんて…。砂糖0gだったから当然といえば当然なんだけど。
バレンタインでこれを本命に渡しちゃいけません。嫌がらせと思われます。
  1. 2006/04/22(土) 10:07:23|
  2. その他雑文|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

獅子舞状態

ギャルゲーエロゲーで、どう考えても男に都合の良すぎる展開というものがある。
例えば、主人公の周りにヒロインがたくさん集まる、いわゆるハーレム状態とか。
女性プレイヤーから観て、これはどう思うのだろう?
「男に都合良すぎで嫌い」とか思うのだろうか?


逆で考えてみる。
女が主人公で、女受けしそうな男達が主人公の周りにたくさん集まる逆ハーレム状態。

………、
やりてぇ。
  1. 2006/03/19(日) 15:01:47|
  2. その他雑文|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナイトメア(悪夢)

うう、また妙な夢を観てしまった。
以下、一人二役モード。

ニイハA「ぐぁぁぁぁぁ」
ニイハB「どんな夢を見たんだ?」
A「えーとですね、Fateの桜が出てきたんですよ」
B「原作未プレイで、プレイ済みの人が『桜怖ぇぇ』とか言ってたから、悪夢を見ても仕方がないな」
A「夢ってのは記憶の整理によるものらしいから、その影響を受けているのかもね」
B「で、桜がどうした?」
A「もう1つ影響を受けていたものがあったんですよ。この前の『犬夜叉』で、思いきり全裸の奈落」
B「…まて、それが桜とどう関係する?」
A「全裸のワカメさんは、金剛石、つまりダイヤモンドで大事な部分を隠していました。でも、夢にそのワカメさんが出たわけではなくて…」
B「…もしかして、桜が…」
A「残りは、ご想像にお任せします」
B「言えよ!」
  1. 2006/03/04(土) 01:46:11|
  2. その他雑文|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ギャルゲーエロゲーにおける自分のスタンス

ギャルゲーエロゲーなるものに触れ始めて約1年。
触れて良かったと思えることもあれば、ギャー!と思えることもありました。

最初はギャルゲーエロゲーというものを全く理解していませんでしたし、今も大して理解しているとは思えません。

そんな自分が、このジャンルに触れ始めるときに決めていたことがあります。

ギャルゲーをギャルゲーとして見ない。エロゲーをエロゲーとして見ない

言い方を変えれば、
ギャルゲーエロゲーと呼ばれる作品と、呼ばれない作品を区別しない
でしょうか。
ギャルゲーにはギャルゲー特有の楽しみ方。エロゲーにはエロゲー特有の楽しみ方があると思います。ですが、僕はそれを放棄しました。
いや、放棄したと言うよりは、その楽しみ方に固執しない。と言った方がよろしいでしょうか。

例えば、登場するキャラのほとんどが男で、女性キャラが1人しかいないギャルゲーがあったとします。
しかも、男性キャラに主軸がおかれるシーンが圧倒的に多く、たった1人の女性キャラは脇役同然。
男性キャラのシナリオがメインで、女性キャラのシナリオはサブ扱い。
そんなギャルゲーが存在したとしたら…?

「それ、ギャルゲーじゃねえだろ」というツッコミはおいといてw
こんなギャルゲーだと、いくらシナリオが良くても、普通のギャルゲープレイヤーは楽しめない人が多いのではないでしょうか?
でも、僕は「ギャルゲーをギャルゲーとして見ない。」というスタンスなので、十分楽しめます。

どこかのサイトで、「どんなにギャルゲーらしくないギャルゲーでも、ギャルゲーとして評価する」みたいなことを書いてあるサイトがありましたが、僕は正にその逆です。


そんなスタンスで、あの作品に挑む…。


おまけ
BLゲー、「ぼくらはみんな、恋をする」をプレイしたいなぁ、と思っていますが、BLゲーを一度もプレイしたことがないので
「BLゲーをBLゲーとして見ない。」
というスタンスでいきますw
  1. 2006/02/20(月) 16:59:07|
  2. その他雑文|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。